裂き織りトート使用上のご注意

*用途以外には使用しないでください。
*負荷のかけすぎにご注意ください。

*濡れたまま長時間放置しないでください。

*水濡れや摩擦等によって色落ちや色移り、風合いが変わったり型崩れする場合がございますので十分にご注意ください。

*裂織り布の特性として遊び毛が出やすくなっています。引っかかりのあるものにはご注意ください。

*金糸や銀糸は劣化しやすい素材ですので、保存状態によっては剥離したり粘着質が出てくる場合がございます。
*体質によっては、かぶれ、かゆみ、発疹等をおこす場合がありますので異常を感じたら直ちにご使用をおやめください。
くちぶえ和手の商品には、新品の布の他に、古着の着物をほどいて洗った布、個人様が長期に渡り保管されていた布、布業者など店舗で買い求めた新古の布も使用しております。それらの布には購入時から商品タグが付いておらず、材質等が不明なものがあります。
合成繊維を使用している場合がございますので火元に近づけないでください。
*本製品の使用により生じた損害や逸失利益または第三者からのいかなる請求につきましても、当社では一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 

……………………………………………………………………………………………

裂き織りトートの販売はこちら→くちぶえ和手 creema店

 

 


裂き織り袱紗ばさみのお手入れ方法

*水洗い時に多少縮むことがあります。
*丸洗いは型崩れの原因となりますので、部分洗いをおすすめ致します。
*生成り、アイボリーは洗濯の際洗剤の中の蛍光剤で全体が白っぽくなることがありますので無蛍光洗剤をご使用ください。
*洗濯をすると、遊び毛が出たり表面の風合いの変化、若干の縮み、型崩れが発生します。
*移染する場合がありますので他のものと分けて洗ってください。
*水濡れや摩擦等によって色落ちや色移りする場合がございますので十分にご注意ください。
*形を整えてから干してください。
*タンブラー乾燥及び家庭での乾燥機はお避けください。
*アイロンはあて布を使用してください。

*金糸や銀糸は水に弱く劣化しやすい素材です。それらを使った商品の水洗いは必ず避けてください。

*水濡れや摩擦等によって色落ちや色移りする場合がございますので十分にご注意ください。
*漂白剤は使用しないでください。
*アイロンはあて布を使用してください。

*長時間直射日光に当てますと変色する場合がございます。

*裂織り布は、染織作家さんに依頼し手織りされたものを使用しています。

 

……………………………………………………………………………………………

裂き織り袱紗ばさみの販売はこちら→くちぶえ和手 creema店

 


裂き織り袱紗ばさみ使用上のご注意

*用途以外には使用しないでください。
*負荷のかけすぎにご注意ください。

*濡れたまま長時間放置しないでください。

*水濡れや摩擦等によって色落ちや色移り、風合いが変わったり型崩れする場合がございますので十分にご注意ください。

*裂織り布の特性として遊び毛が出やすくなっています。引っかかりのあるものにはご注意ください。

*金糸や銀糸は劣化しやすい素材ですので、保存状態によっては剥離したり粘着質が出てくる場合がございます。
*体質によっては、かぶれ、かゆみ、発疹等をおこす場合がありますので異常を感じたら直ちにご使用をおやめください。

*本商品には留め具がございません。ご使用中は中に入れたものが落ちないようにご注意ください。
くちぶえ和手の商品には、新品の布の他に、古着の着物をほどいて洗った布、個人様が長期に渡り保管されていた布、布業者など店舗で買い求めた新古の布も使用しております。それらの布には購入時から商品タグが付いておらず、材質等が不明なものがあります。
合成繊維を使用している場合がございますので火元に近づけないでください。
*本製品の使用により生じた損害や逸失利益または第三者からのいかなる請求につきましても、当社では一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 

……………………………………………………………………………………………

裂き織り袱紗ばさみの販売はこちら→くちぶえ和手 creema店


裂き織りの布について

裂き織りとは、たて糸は普通の糸、よこ糸は細長く裂いた布を織り込んだものを言います。当時は貴重だった布の再利用方法として、日本では江戸時代から盛んになった技法なのだそうです。

 

くちぶえ和手で取り扱う裂織り布は、専門の染織作家さんに依頼し織っていただいたものを使用しています。よこ糸になる布は着物、羽織、レトロな布団カバー、ジーンズ、その他いろいろ。きちんと洗浄したあと、裂いて紐状にし、機織り機にかけ、一段ずつ手作業で織り上げます。時には裂く前の段階で、布地に草木染めを施してみることもあるのだそうです。

 

何段階もの作業工程を経て、ようやく仕上がった裂織り布たち。

そんな手仕事の魅力が詰まった布を、くちぶえ和手がグッズに仕立てます!

 

裂き織りという少し変わった素材を取り入れて。

日常生活がより充実したものになると嬉しく思います。
 

おひとついかがですか♪

 

……………………………………………………………………………………………

裂き織り布商品の販売はこちら→くちぶえ和手 creema店


ごきげんトート、きまぐれトート使用上のご注意

*用途以外には使用しないでください。
*負荷のかけすぎにご注意ください。
*濡れたまま長時間放置しないでください。
*ご使用中の摩擦やお洗濯による色落ち、色移り、型崩れ等にご注意ください。

* しっかりとしたプリント加工を施してはおりますが、湿った状態で強く摩擦するなど使用状況によっては剥離する事がありますのでご注意ください。
*体質によっては、かぶれ、かゆみ、発疹等をおこす場合がありますので異常を感じたら直ちにご使用をおやめください。
*本製品の使用により生じた損害や逸失利益または第三者からのいかなる請求につきましても、当社では一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

ごきげんトートについて→こちら
ごきげんトート商品一覧→こちら

きまぐれトート商品一覧→こちら
ごきげんトート、きまぐれトートのお手入れ方法について→こちら


ごきげんトート、きまぐれトートのお手入れ方法

*水洗い時に多少縮むことがあります。
丸洗いは型崩れの原因となりますので、部分洗いをおすすめ致します。
生成り、アイボリーは洗濯の際洗剤の中の蛍光剤で全体が白っぽくなることがありますので無蛍光洗剤をご使用ください。
洗濯をすると、遊び毛が出たり表面の風合いの変化、若干の縮み、型崩れが発生します。
移染する場合がありますので他のものと分けて洗ってください。
水濡れや摩擦等によって色落ちや色移りする場合がございますので十分にご注意ください。
形を整えてから干してください。
タンブラー乾燥及び家庭での乾燥機はお避けください。
アイロンはあて布を使用してください。
ファスナーにはアイロンをあてないでください。
プリント部分はもんだり、こすったりしないでください。

ごきげんトートについて→こちら
ごきげんトート商品一覧→こちら

きまぐれトート商品一覧→こちら
ごきげんトート、きまぐれトート使用上のご注意について→こちら


茶道のお稽古着使用上のご注意について

*しっかりと体にフィットさせ着用してください。

*用途以外には使用しないでください。
*負荷のかけすぎにご注意ください。
*濡れたままの着用、長時間放置はしないでください。
*ご使用中は袱紗や懐紙、扇子等が落ちないようにご注意ください。

*Dカンや紐が引っ掛からないようにご注意ください。
*体質によっては、かぶれ、かゆみ、発疹等をおこす場合がありますので異常を感じたら直ちにご使用をおやめください。
*ご使用中の摩擦やお洗濯による色落ち、色移り、型崩れ等にご注意ください。
くちぶえ和手の商品には、新品の布の他に、古着の着物をほどいて洗った布、個人様が長期に渡り保管されていた布、布業者など店舗で買い求めた新古の布も使用しております。それらの布には購入時から商品タグが付いておらず、材質等が不明なものがあります。
合成繊維を使用している場合がございますので火元に近づけないでください。
*本製品の使用により生じた損害や逸失利益または第三者からのいかなる請求につきましても、当社では一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

茶道のお稽古着について→こちら
茶道のお稽古着商品一覧→こちら
茶道のお稽古着のお手入れ方法について→こちら
くちぶえ和手の布について→こちら

 


箸袋について

くちぶえ和手の定番商品、箸袋です♪

表
オモテ

 

裏

ウラ

 

外出時のお食事や、家でのお箸の保管に便利な箸袋です。

普段使いや特別なシーンまで、幅広くお使いいただけます♪

茶道具のひとつである茶扇子を入れる袋物の形からヒントを得て。

あくまで和テイストにこだわって作りました!


アップ
こちらの白く尖ったものは何でしょう?

巻物などの留め具にも使われている笹爪(ささづめ)です。

紐をくるくるっと巻いて、間に差すだけ。

簡単に留まって、見た目もスマート♪

 

箸イン

紐を解いてフタを開けてみると、こんな感じでお箸が入っています。

袋の側面にスリットがあり、そこからお箸を出し入れする仕組みです。

※お箸は商品に含まれておりません。箸袋のみの販売となります。


内
開けた時にチラっと見える内布も、こだわりポイントです。

外と内で違う色柄を使用することで、各々の魅力がグ〜ンと増すように!

布地の組み合わせは毎回吟味のしどころです。

意外性のある組み合わせ、まとまった組み合わせなどなど。

色々な箸袋をお楽しみいただけたらと思います♪

 

いろいろ
くちぶえ和手の商品は、着物地やアンティーク、デッドストックの布を使ってひとつひとつ手作りしています。
お気に入りの箸袋で、日常生活がより楽しく、より快適なものになりますように。

おひとついかがですか♪

 

※画像で使用しているお箸のサイズは1本につき22.5×0.8×0.8cmです。箸袋は標準サイズのお箸であればほぼ問題なくご使用いただけると思いますが、お箸の大きさや形によっては正しくご使用できない場合があります。各商品ページの詳細を必ずご確認いただきますようお願いいたします。

※割り箸のささくれや、尖った装飾など、引っかかりのあるお箸には使用しないでください。


……………………………………………………………………………………………
■グッズ名:箸袋
■大きさ:縦(最大)31.5cm、横(最大)4cm 

 *縦はフタにあたる部分を伸ばした時の長さです
 *布の質や厚み等により、多少の誤差がございます 
■布の文様:いろいろ
■布の素材:綿 麻 絹 化繊 人絹 その他布素材いろいろ
■価格:1つ 1980円〜(税込)
■送料:配送方法によって異なります
……………………………………………………………………………………………

箸袋の販売はこちら→くちぶえ和手 creema店

 


箸袋使用上のご注意について

*割り箸のささくれや尖った装飾のあるお箸など、引っかかりのあるものを入れると布が裂けたり、出し入れがしにくくなる場合がございますのでご注意ください。

*金糸や銀糸は劣化しやすい素材ですので、保存状態によっては剥離したり粘着質が出てくる場合がございます。

*用途以外には使用しないでください。
*負荷のかけすぎにご注意ください。

*濡れたまま長時間放置しないでください。

*水濡れや摩擦等によって色落ちや色移りする場合がございますので十分にご注意ください。
*体質によっては、かぶれ、かゆみ、発疹等をおこす場合がありますので異常を感じたら直ちにご使用をおやめください。
くちぶえ和手の商品には、新品の布の他に、古着の着物をほどいて洗った布、個人様が長期に渡り保管されていた布、布業者など店舗で買い求めた新古の布も使用しております。それらの布には購入時から商品タグが付いておらず、材質等が不明なものがあります。
合成繊維を使用している場合がございますので火元に近づけないでください。
*本製品の使用により生じた損害や逸失利益または第三者からのいかなる請求につきましても、当社では一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

箸袋について→こちら
箸袋商品一覧→こちら
箸袋のお手入れ方法について→こちら
くちぶえ和手の布について→こちら


箸袋のお手入れ方法

*箸袋は型崩れしやすい商品ですので、お洗濯、特に丸洗いはしないでください。

*金糸や銀糸は水に弱く劣化しやすい素材です。それらを使った箸袋の水洗いは必ず避けてください。

*水濡れや摩擦等によって色落ちや色移りする場合がございますので十分にご注意ください。
*漂白剤は使用しないでください。
*アイロンはあて布を使用してください。

*笹爪部分にはアイロンをあてないでください。

箸袋について→こちら
箸袋商品一覧→こちら
箸袋使用上のご注意について→こちら
くちぶえ和手の布について→こちら